世界一ブサイク、のっぺり顔のホワイトタイガー、近親交配が原因

2016年02月26日 06時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

131692400

 

 

米国アーカンソー州テルペンチンクリーク野生動物保護区に生息しているトラのケニーの写真が最近人気を集め、世界で一番ブサイクなトラとされている。このトラは人工的な近親交配による結果である。英紙「デイリー・メール」が報じた。

 

中国・雲南、ミャンマー、インドとバングラデシュ原産の白い虎(ホワイトタイガー)はベンガルトラに白変という色素異常が発生した個体だ。

 

白いトラは少なく、自然条件の下で1万頭に1頭の割合で白いトラが生まれる。

 

動物園とサーカスの白いトラは近親交配による結果だ。

 

白いトラは多くの遺伝病に罹患しやすく、免疫系に欠陥があるとして、多疾患や短命を招くことがよくある。

 

「白いトラは生物種ではなく、絶滅危惧種でもなく、存在するべきではない」と大型ネコ科の動物を保護している米フロリダ州の施設「ビッグキャット・レスキュー」の広報担当スーザン・ベス氏が語った。

 

(翻訳 劉英)


(続きは次ページ)

おすすめの記事



人気の記事

ランキング