中国経済情報を日本語で配信!!日本新華夏株式会社は新華通信社の独占的販売代理店であり、日本国内では唯一正規配信契約を締結しています。

中国 深センに世界最大のゴミ焼却発電所を建設

2016年02月16日 06時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Img437390330

 

 

建築系WebサイトDezeenは2月4日、国際デザインコンクールでデンマークの建築事務所SchmidtHammerLassenとGottliebPaludanは世界最大のゴミ焼却発電所プロジェクトの建築物設計者として選定された。

 

同プロジェクトは深セン市郊外の山地に立地し、深長(深セン~長春)高速道路近くに位置する。SchmidtHammerLassen上海駐在事務所責任者のChrisHardie建築士によると、ゴミ焼却発電分野の最先端な技術を導入し、1日当たりのゴミ処理量は総人口2000万人の深セン市の通年のゴミ発生量の3分の1に相当する。

 

発電所の円形構造とコンパクトなデザインは最大限に敷地面積を減少し、建造費と時間を節約した。

 

深セン東部ゴミ焼却発電所と名づけられるプロジェクトは、2020年に稼動する計画だ。

 

(翻訳 王秋)


(続きは次ページ)

おすすめの記事



人気の記事

ランキング