中国経済情報を日本語で配信!!日本新華夏株式会社は新華通信社の独占的販売代理店であり、日本国内では唯一正規配信契約を締結しています。

中国人医師参加、サルの頭部移植手術が成功、来年は人間の頭部移植へ

2016年01月22日 14時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

128654572_14534167154681n

 

 

英紙「デイリー・メール」によると、中国人医師が参加したサルの頭部移植手術は成功し、中韓医学チームと協力した人間頭部移植計画には新しい進展があったとイタリア人の外科医セルジオ・カナベーロ氏は発表した。

 

カナベーロ氏によると、ハルビン医科大学の任暁平氏は、サルの頭部と新しい体との血液供給を実現したが、二者の脊髄神経は結合しなかった。脊髄神経の未結合で、サルの頚部以下は麻痺状態になり、手術後、サルの体は痛みを感じるかどうかはまだ分からない。

 

倫理的な理由から、サルは手術後20時間だけ生かされた。カナベーロ氏によると、手術が説明したように、サルの頭部をマイナス15度で冷凍保存すれば、サルは手術中も生き続け、脳損傷もない。

 

カナベーロ氏と任暁平氏が率いる医療チームは、来年末にロシアで初めての人間頭部移植手術を行い、先天性の神経原性筋萎縮症のワレリー・スピリドノフさんの頭部を他人の体に移植する予定だ。

 

(翻訳 金慧)

おすすめの記事



人気の記事

ランキング