中国経済情報を日本語で配信!!日本新華夏株式会社は新華通信社の独占的販売代理店であり、日本国内では唯一正規配信契約を締結しています。

中国・安徽省 オンラインゲームを連続14日間楽しんだ若い男性が道端に倒れる

2015年05月04日 16時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20150504082430359

 

 

3日午前7時30分ごろ、安徽省合肥市包河区包河大道葛大店の市場付近にあるネットカフェでオンラインゲームを連続14日間楽しんだ21歳の男性、夏さんは体力が持たず路線バス14路のバス停近くの屋台の前で倒れた。母と姉が呼ばれ、警官も駆けつけた。望湖派出所で、警官は救急車を呼んだ。担架で運ばれる夏さんは意識がもうろうとしている中、コンピュータの起動を頼んだ。安徽商報が伝えた。

 

夏さんは短大卒業後一年間就職せず、普段は母親と小型百貨店を経営していた。昨年10月から、オンラインゲーム「ワールド・オブ・ウォークラフト」に夢中になり、何度も百貨店を出て、ネットカフェでゲームを楽しんでいた。4月20日、夏さんは、合肥市の自動車学校で運転の技術や知識を学ぶため、母親から800元をもらったが、合肥市に着いてからの14日間、連絡を絶っていた。

 

夏さんが救急車に運ばれる前に、記者と短く言葉を交わした。

 

記者:騙し取ったお金を使って、連続14日間もゲームを楽しんだら、その間に家族がどう感じるか考えたことがあったか?

 

夏さん:なかった。故郷で就職できず、都市を変えて就職したいとだけ考えていた。

 

記者:あなたのこの行為は何のためか?

 

夏さん:仮想世界の中で自信を見つけ出すことができる。

 

 

(翻訳 金慧)

おすすめの記事



人気の記事

ランキング