中国経済情報を日本語で配信!!日本新華夏株式会社は新華通信社の独占的販売代理店であり、日本国内では唯一正規配信契約を締結しています。

火星で棺おけを発見?

2014年12月31日 16時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11483913_980x1200_960

 

 

海外メディアの報道によると、米航空宇宙局(NASA)の火星探査車「キュリオシティ」はシャープ山の付近で、外形が棺おけと酷似する石を発見した。測量の結果では、長さ3.2フィート、幅1.5フィートである。

 

一部の人は「それには、火星文明に関する物質が隠れている可能性がある」と指摘した。ただ、NASAの科学者は、「それは心理反応が生んだ幻覚で、我々の知っている物体を連想させたに過ぎない」と反論した。

 

米国NASAは火星で、トカゲと酷似する岩、オバマ大統領の顔と似た石などを撮影した。これらの画像は「キュリオシティ」が異なる角度から撮影したものだが、我々の想像力を刺激し、別の物を連想させる。

 

(翻訳 李継東)


(続きは次ページ)

おすすめの記事



人気の記事

ランキング