中国経済情報を日本語で配信!!日本新華夏株式会社は新華通信社の独占的販売代理店であり、日本国内では唯一正規配信契約を締結しています。

インド 33歳の男性がイヌと結婚、呪いを解くためか

2014年11月12日 17時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Img405968212

 

 

インド人のSelvakumar氏(33)はイヌと結婚することを決めた。これはフェティシズムではなく、迷信からだった。

 

Selvakumar氏は15年前に石でイヌ2匹を殺したためにかけられた呪いを解くため、イヌと結婚しなければならないといわれた。

 

すると、Selvakumar氏は毎日、自分の花嫁となるイヌを探し回った。インドには鼻ピアスをしているイヌがなく、Selvakumar氏は鼻ピアスをしていない生き物は生き物ではなく、液体に過ぎないと思っている。彼はついに15年後に花嫁となるSelviちゃんを見付けた。

 

残念なことはSelviちゃんが鼻ピアスを断ることだ。

 

インドの一部地方で、イヌやネコが若い男性の妾になる迷信が流行っている。

 

(翻訳 王秋)

おすすめの記事



人気の記事

ランキング