中国経済情報を日本語で配信!!日本新華夏株式会社は新華通信社の独占的販売代理店であり、日本国内では唯一正規配信契約を締結しています。

62歳の男性、腹痛を起こして鶏卵を産む、3ヶ月に1個

2014年11月11日 09時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Img405886083

 

 

インドネシアメディアによると、ジャカルタ北部の62歳の男性Kong Naim氏は腹痛を訴え、友達が胃のマッサージをしたところ、体内から鶏卵1個が出てきた。

 

Kong氏は今月3日に、印刷所の仕事を終えて、友達としゃべっていた。腹痛を訴え、休憩室に連れてこられ、ベッドに横になった。友達が胃をマッサージしたところ、不思議なことが発生した。友達のZainal Effendi氏は、Kong氏の肛門から鶏卵1個が出てくるのを目の当たりにしたと証言した。

 

Kong氏は、1998年にも同じことを経験した。ジャワ島スマランで暮らしていたとき、約3ヶ月に卵1個を産んだ。産卵はもう4度目だ。病院で治療を受けていたが、医者も匙を投げた。

 

Kong氏はすでに孫がいるが、妻と2人の娘は産卵のことを知っている。しかし、助けてあげたいが、どうしようもない。

 

(翻訳 金慧)‍

おすすめの記事



人気の記事

ランキング