中国経済情報を日本語で配信!!日本新華夏株式会社は新華通信社の独占的販売代理店であり、日本国内では唯一正規配信契約を締結しています。

ベトナム6歳女児、ゾウと仲良し、深い絆で結ばれている

2014年10月30日 15時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

U577P4T8D6729855F107DT20141029152125

 

 

英紙「デイリー・メール」の28日付記事では、ベトナム中部のモノン族の6歳の女児Kim Luanちゃんは、野生の成年ゾウを手なずけることに成功し、深い絆を結んでいる。

 

モノン族は、野生のゾウを手なずけることに長けている。ゾウは野良仕事や貨物輸送、家屋建設に使われる。

 

Kim Luanちゃんはゾウと仲良しで、ゾウもKim Luanちゃんと一緒に遊ぶことが好きなようだ。フランスの35歳の写真家Rehahnさんは10月初頭に、ベトナムのBuon MLiengでこの温かい場面を撮影した。「ゾウは部族の一員と見なされ、すべてのゾウに関することは部落の伝統に従わなければならない」。


(続きは次ページ)

おすすめの記事



人気の記事

ランキング