中国経済情報を日本語で配信!!日本新華夏株式会社は新華通信社の独占的販売代理店であり、日本国内では唯一正規配信契約を締結しています。

仁川アジア大会 バドミントン男子団体決勝戦の結果について風向きの影響指摘―中国・李永波総監督

2014年09月24日 10時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

U1860P6T12D7344445F44DT20140924011455

 

第17回アジア競技大会(仁川アジア大会)バドミントン男子団体の決勝戦が23日に行われた。中国チームは2-3で韓国チームに負け、金メダルと無縁になった。中国バドミントンチームの李永波総監督は試合後の記者会見で、風向きの問題に触れ、「こうした状況下の試合では、わがチームは負けても当然で、技術・戦術のせいではなく、人為的な要因があり、バドミントン技術以外のせいで負けた」と風向きの試合への影響を指摘した。

 

諶龍、徐晨/張楠も試合後、風向きの問題を指摘した。風向きが操作できないという記者の見解に対し、李永波氏は「操作できないわけではない。韓国チームはうまくやった。ここで訓練を15日も続け、会場に慣れてきた。風向きの操作は確かに可能だ。我々に有利になると、風が強く吹き、空調が調整されたが、第2ゲームが始まって、韓国側に不利になると空調が切られた」。「こうした状況下の試合で、わがチームは負けても当然で、技術・戦術のせいではなく、人為的な要因があり、バドミントン技術以外のせいで負けた。いずれにしても試合内容はすばらしかった」と風向きによる試合への影響を指摘した。

 

(翻訳 金慧)

おすすめの記事



人気の記事

ランキング