中国経済情報を日本語で配信!!日本新華夏株式会社は新華通信社の独占的販売代理店であり、日本国内では唯一正規配信契約を締結しています。

韓国、アジア大会の周知に韓流攻勢、国民は無関心-新華網

2014年09月03日 17時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

【新華網】 仁川アジア大会の開催まであと20日もない。主催者は韓流攻勢などでアジア大会の周知を進めているが、国民の80%以上は無関心だ。

 

仁川アジア競技大会組織委員会関係者によると、韓国では仁川アジア大会は3度目となるアジア大会で、1988年にソウル五輪が開催された。総合的国際体育大会は慣れっこになっている韓国人にとって無関心は当然だ。

 

今年4月のセウォル号沈没事故は韓国社会を大きく傷つけ、韓国はまだセウォル号による悲しみから脱出していない。これは、韓国国内でのアジア大会の周知活動に影を落としている。

 

メディアによる「仁川アジア大会に興味があるか」との世論調査によると、80%以上の調査対象者は無関心と示した。新華社の記者の街頭取材で、「いつ開幕するのか知らない」、「ワールドカップブームから正常な生活に戻ったばかりで、アジア大会にあまり関心をもっていない」、「しばらく会場に行く予定はない」とコメントした調査対象は多くを占める。


(続きは次ページ)

おすすめの記事



人気の記事

ランキング