中国経済情報を日本語で配信!!日本新華夏株式会社は新華通信社の独占的販売代理店であり、日本国内では唯一正規配信契約を締結しています。

中国人ギャンブラー、韓国・済州島のカジノで巨額の賞金を勝ち取ったが支給拒否

2014年07月01日 09時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

u=769327393,2128540639&fm=11&gp=0

 

韓国・聯合ニュースが30日に報じたところによると、中国人ギャンブラー数人がこのほど、韓国・済州島にあるカジノで巨額の賞金を勝ち取ったが、カジノ側は不正行為があるとして、賞金の支払いを拒否したという。

 

済州島西帰浦警察署によると、今年5月、西帰浦にあるカジノで中国人の呂さん(49)ら4人がバカラで、11億ウォンの賞金を勝ち取ったが、カジノ側はチート行為があるとして、賞金の支払いを拒否した。呂さんらがカジノに脅迫されたのを理由に警察に通報し、カジノ側を相手取って訴えた。その後、カジノ側も詐欺を理由に提訴し、「これらの中国人はカジノの内部職員と共謀し、2時間で巨額の賞金を勝ち取った」としたが、関係職員の名前と不正方法を明らかにしていない。中国人観光客4人がその後、済州島国際空港でデモ抗議を行った。韓国の警察当局はこの事をめぐって調査を展開している。

 

(翻訳 劉英)

おすすめの記事



人気の記事

ランキング