中国経済情報を日本語で配信!!日本新華夏株式会社は新華通信社の独占的販売代理店であり、日本国内では唯一正規配信契約を締結しています。

韓国初のリニアモーターカーが試験運行、時速110キロ

2014年05月16日 11時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

?????? ?? ??????

 

韓国紙「中央日報」の15日付の報道によると、世界2番目のリニアモーターカーが14日、韓国仁川国際空港で試験運行され、7月の開通を予定している。商用化された都市型リニアモーターカーは日本に次いで世界で2番目となる。

 

列車は無人運転方式を採用し、列車浮上の高さを8ミリに維持し、最高時速は110キロである。列車を開発した韓国機械研究院の関係者によると、列車浮上の高さを8ミリに維持することが核心技術だという。

 

仁川空港のリニアモーターカーはホップとして、仁川国際航空から龍遊(ヨンユ)駅までの6.1キロ区間を1年以上かけて試験運行する予定だ。空港からの乗り換え客や永宗島(ヨンジョンド)を訪れる観光客に対し無料運行されるという。今後、列車の運行範囲は拡大され、永宗島を一周する計画も視野に入れているという。

 

(翻訳 王秋)


(続きは次ページ)

おすすめの記事



人気の記事

ランキング